諸鈍シバヤ

b0100637_1956454.jpg
b0100637_19565858.jpg
b0100637_19571449.jpg
b0100637_195727100.jpg
b0100637_19574061.jpg
b0100637_19575730.jpg
b0100637_201016.jpg

奄美大島の南、加計呂麻島(かけろまじま)に伝わる諸鈍シバヤは、源平の戦いに敗れて落ちのびて来た平資盛(たいらのすけもり)一行が、土地の人々と交流を深めるために伝えたのが始まりと伝承されています。
 出演者は全員男性のみで構成され、手製のカビディラという紙面と、陣笠風(じんがさふう)の笠をかぶり、囃子(はやし)と三味線(しゃみ)を担当するリユ-テの伴奏にのって演じます。
 かつて20種余りあったという演目は、即興的狂言、人形劇を含めて現在11演目が受け継がれ、主に旧暦9月9日に諸鈍集落の大屯神社で披露されています。
 演目の多くが、出羽(では)、中羽(なかは)、入羽(いりは)の三構成から成り、日本の歌舞伎初期の踊りが諸鈍風に定着したものとして注目されており、昭和51年に国の重要無形民俗文化財に指定されています。



〔演目〕

 1.シュンハナツカイ(みそぎ) 2.イッソウ(楽屋入り) 3.サンバト 4.ククワ節  
 
 5.シンジョウ節 6.キンコウ節 7.タマティユ(玉露) 8.ダットドン 
 
 9.シシキリ 10.スクテングワ 11.カマ踊り 12.高き山
[PR]

by kokonatu-h | 2010-10-16 23:48 | event:催し・行事